永福町駅エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 永福校】へお任せ下さい!

menu

永福町駅エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾の英才個別学院永福校

【じっくり学ぶ】学生に「速読」が現実的でない理由の考察

 

何度か速読教室やフォトリーディング教室に参加し、ある程度の効果を実感してから考えたこと。

 

ある程度の知識がないと「速読」も意味を成さないのではないか・・・。

 

以下、あくまで私個人の感想。

 

読書の「目的」によって速読ができるものと出来ないものがあるように感じます。

ビジネス関連は自身の言動の確認と向上のために読みます。

「こういうテーマを知りたい」という目的があり、「質問を用意して」読んでいる状態であり、もともと体験していることも出ているので理解が早く、すぐに読めます。

ところが全く新しい分野の知識を身に付けることを目的にした場合、そもそも知識がないので理解に時間がかかります。

自然と読むスピードも遅くなってしまいます。

考えてみれば当たり前の話ですが、初めてのことを理解するためには時間がかかります。

スピードがつくのは慣れてからです。

読書も全く同じで、そもそも知っていることが出てくるから共感できたり、確認できたりして理解が深まるのです。

 

私はよく同じジャンルの本を4冊同時に読むのですが、そうするとAという本で語られていたワードがBという本でも出てきて理解が深まったり、Cという本ではそのワードが別の角度で語られていてさらに理解が深まる、というようなことができます。

しかしそもそもの知識がないとなかなか理解が進みません。

教育関連の本であればワードがある程度理解でき、読むスピードも速い。

ところが、以前インドの不可触民解放に心血を注いだアンベードカルの伝記を読んだ時は遅々として進みませんでした。

人物や出来事に興味はあっても、恥ずかしながら世界史的な知識が不足していたためです。

分からない単語をいちいち辞書を引く、ということをしていました。

 

速読はある意味魔法かもしれませんが、その魔法を習得するためには前提があるのです。

 

「知識があること」

 

頭に入っていた「点」の知識が、久しぶりに触れたり、別の知識と結びついたりして「線」となり、「面」となっていく、これが「理解」ということであり、処理速度の速さ(速読)につながります。

 

ということは・・・、

全く知らない知識を学んでいるはずの学校のテスト勉強で、「速読」をするのは現実的ではないということですね。

速読が出来るとしたら、毎日少しずつ学校の内容を復習して頭の中に知識を蓄えておくことが前提です。

そうすればテスト直前の総復習の理解度が高まり、教科書を読むスピードが早くなるはずです。

 

フォトリーディングやマインドマップなど、能力を開発するワザは確かに存在します。

将来そのワザを使いこなせるようになるためには、若いうちに地道に勉強しておくことが大事ではないかと思っています。

 

 

 

 

【教室へのお問合せは】
日曜、祝祭日を除く14:00以降に、
①当教室までお電話ください。03-5355-3993 (14:00~21:00 日・祝休み)
②下記お問い合わせフォームよりどうぞ

*****************英才個別学院 永福校 概要*************************

【授業時間】
(平日)①17:00~18:25②18:30~19:55③20:00~21:25
(土曜日)①14:00~15:25②15:30~16:55③17:00~18:25④18:30~19:55

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒生

<当学院生の通学実績>

杉並区立向陽中学校/杉並区立大宮中学校/杉並区立泉南中学校/杉並区立和泉中学校/杉並区立永福小学校/杉並区立大宮小学校/都立杉並高校/都立杉並総合高校/都立千歳ヶ丘高等学校/私立東京農大第一高等学校/私立成蹊小学校・成蹊中学校/私立日大櫻丘高等学校/私立日大鶴ヶ丘高等学校/早稲田実業高等学校
など多数。

公立中学校のテスト対策はもちろん、私立のお子様もお任せ下さい!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら
英才個別学院 永福校 フェイスブック
英才個別学院 永福校 ツイッター
英才個別学院 永福校 YouTube チャンネル
英才個別学院 永福校 Google+