永福町駅エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 永福校】へお任せ下さい!

menu

永福町駅エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾の英才個別学院永福校

永福町の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 永福校】「はたらく」を考える

 

 
皆さんこんにちは、英才個別学院 永福校 室長の藤田です。
当学院のブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。

 

 

本日は3連休の最終日ですが、当学院は通常通り開校です。

授業がある生徒さんたちはお間違えのないようにお願いします。

 

 

さて、今朝の朝日新聞にこのような記事が載っていました。

 

「脱社畜」か「やりがい」か 長時間労働、何のため(朝日新聞デジタル)

日本人の労働時間が長いという調査を受けて。

長時間労働に疑問を持ち、大企業をやめた男性のブログを取り上げ、長時間労働が常態化している日本の仕事観に疑問を呈しています。

対極の意見として「残業は成長のため」という意見も取り上げています。

 

 

新卒で心身共に疲弊するまで働き、その後いわゆるフリーターを経験し、キャリアカウンセラーの資格を取った私にとって、

「はたらく」ということは今後も考え続けたいテーマです。

 

 

 ただ、記事のような議論が巻き起こり、「ブラック企業」「残業代ゼロ法案」などという刺激的な言葉が現れ、

「社畜」「ノマド」といった対極の意見に傾倒するSNSの投稿が氾濫している社会を見て、今の子供たちはどのように思うのでしょうか。

 

 

現在起こっている議論に、いささか単純なものを感じてしまわないか不安です。

 

 

「仕事は生活のため」だから給料を貰えればいい。

「仕事は成長のため」だから長時間働かなければならない。

 

 

二つの考えはどちらも正しく、それが対立するものではないはずです。

すなわち、仕事の報酬は給料であり、成長である、ということです。

 

 

まだまだ私自身が修業中の身ですから、これから先の話は決して偉そうに語るものではありません。

 

 

現在では古いモデルなのかもしれませんが、マズローの5段階欲求は使える思想だと思います。

仕事を通して金銭を得ることにより生理的欲求、安全欲求が満たされ、

スキルを磨くことによって社会的地位(要するに人から必要とされる存在)を得、

「働く」=「傍(はた)」を「楽(らく)」にさせるという気遣いで日々の仕事に取り組むことにより、

他者のことを考えることができるほど人間的に成長していく。

 

 

そして「傍を楽にさせる=働く」という思想は日本には昔からあったはずです。

欧米のように「プロフィット」「ノン・プロフィット(NPO)」の区別などなく、

「本業を通して」人や社会に貢献するという考えがあった。

だからお金は顧客からの感謝のバロメーターであり、企業はさらに顧客に還元しようと設備投資やサービスを充実させてきた。

少し前に流行ったダニエル・ピンクの「モチベーション3.0」(金銭だけでなく自己成長や社会貢献を仕事の「報酬」と捉える考え方)を、

従来の日本型企業は既に行ってきたのです。

 

 

もちろん、現在では終身雇用や年功序列賃金は難しく、大企業だけでなく中小企業でも「組織」の問題は多くあります。

 

 

しかし、仕事の報酬は給料であり、スキルであり、成長であるという視点は持つべきだと思うし、

これからの子供たちにはそういったことも実感して仕事に取り組んでほしいと思います。

 

 

もし仕事の報酬が給料だけならば、日々起こるトラブルや困難は単なる「障害」や「混乱」としか映らないでしょう。

しかし「成長」という考え方があれば、それは自分の可能性に気づかせてくれる素晴らしい「課題」になるはずです。

 

 

もちろん、口で言うのは簡単なこと。

私も日々それを行じている修業中の身です。

 

 

最後に、ビジネスの世界でよく語られているこの寓話を紹介します。

 

 

 

3人の石切職人

 

旅人が、ある町を通りかかりました。

その町では、新しい教会が建設されているところであり、

建設現場では、3人の石切り職人が働いていました。

 

そこで旅人は、石切り職人に聞きました。

 

 

「あなたは、何をしているのですか。」

 

 

すると、1人目の石切り職人は、不愉快そうな表情を浮かべ、

 

 

「これで暮らしを立てているのさ」

 

 

2人目は手を休めずに、

 

 

国中で一番の石切の仕事をしているのさ」

 

 

と答えました。

 

 

3人目の石切り職人は、目を輝かせ、夢見心地で空を見上げながら、こう答えたのです。

 

 

「多くの人々の心の安らぎの場となる素晴らしい教会を造っているのです。」

 

 

 

 

我々は、今やっている仕事や勉強の先に、何を見つめるべきでしょうか。

 

 

 

room_3

 

 

*****************英才個別学院 永福校 概要*************************

【授業時間】 ①17時00分~18時25分②18時30分~19時55分③20時00分~21時25分(平日)

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒生

【教室へのお問合せは】
①当教室ホームページよりお問い合わせください。http://eisai-eifuku.com/
②当教室までお電話ください。03-5355-3993 (14:00~21:00 日・祝休み)

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら
英才個別学院 永福校 フェイスブック
英才個別学院 永福校 ツイッター
英才個別学院 永福校 YouTube チャンネル
英才個別学院 永福校 Google+