永福町駅エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 永福校】へお任せ下さい!

menu

永福町駅エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾の英才個別学院永福校

【教科書を捨てよう、大学を見に行こう】偏差値も大事だけど、単純に「知る」って面白いよ

 

高校までの勉強と大学の勉強は雲泥の差があります。

本来大学は研究機関であり、学んだ知識を活かして新しい価値を創造するところですから、得た知識を、「あなたならどう考えますか?」「あなたならどう活かしますか?」ということを問われますし、自らも問うていくものです。

 

つまり、「何かを教えてもらおう」と受身の姿勢で考えている人は要注意です。

学んだことを活かす、もしくは学んだ知識そのものを疑うクリティカルシンキングが必要になってきます。

これは単純に面白いことではないでしょうか。

もちろん「学歴」というステータスは大事ですが、そもそも自分の世界観を広げることはとても楽しいことのはず。

 

例えば、これはよく使われる例ですが、三角形の内角の和という話があります。

 

「三角形の内角の和は?」と聞かれると「180度」と答える。

正解です。

では、「内角の和が180度よりも大きい、もしくは小さい三角形はありますか?」

という質問に対して、「そんなものはありません」と答えるのが高校までの授業。

 

「もしかしたらあるかもしれないよ」

と言って許されるのが大学の授業です。

それが証明でき、周りが納得すれば正解にしていい、つまり自分で答えを作り出していいのが大学での授業なのです。

 

では、内角の和が180度以外の三角形などあるのでしょうか。

あります。

例えば丸い級、地球儀を想像してみましょう。

横の線が緯線、縦の線が経線ですね。

では北極から出ている任意の経線2本を赤道で結んでみてください。北極点を一つの頂点として、赤道を底辺としたこの歪んだ三角形の内角の和は何度でしょうか。

 

経線と赤道の交わる点は90度のはずです。それが二つあるわけですから、二つの角度でそれぞれ90度、つまり2つの角ですでに180度使った三角形が出来ています。

要するに「三角形の内角の和は180度」というのは紙の上では正解かもしれませんが、我々が生きている三次元の現実世界では「内角の和が180度以上の三角形は存在する」というのが正解なのです。

そして現に新宿や銀座などに存在する曲線を描くビルなどがそのことを証明しているのです。

 

 

 

宇宙の形をとらえるために利用されているのも、実はこの三角形の性質。

これまでの常識が覆りますよね!

 

 

 

<当学院の通学圏内>

杉並区立向陽中学校/杉並区立大宮中学校/杉並区立泉南中学校/杉並区立和泉中学校/杉並区立永福小学校/杉並区立大宮小学校/都立杉並高校/都立杉並総合高校/都立千歳ヶ丘高等学校/私立東京農大第一高等学校/私立成蹊小学校・成蹊中学校/私立日大櫻丘高等学校/私立日大第一高等学校/私立日大豊山高等学校

 

など多数。

公立中学校のテスト対策はもちろん、私立のお子様もお任せ下さい!

*****************英才個別学院 永福校 概要*************************

【授業時間】
(平日)①17:00~18:25②18:30~19:55③20:00~21:25
(土曜日)①14:00~15:25②15:30~16:55③17:00~18:25④18:30~19:55

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒生

【教室へのお問合せは】
日曜、祝祭日を除く14:00以降に、
①当教室ホームページよりお問い合わせください。http://eisai-eifuku.com/contact/contact.html
②当教室までお電話ください。03-5355-3993 (14:00~21:00 日・祝休み)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら
英才個別学院 永福校 フェイスブック
英才個別学院 永福校 ツイッター
英才個別学院 永福校 YouTube チャンネル
英才個別学院 永福校 Google+