永福町駅エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 永福校】へお任せ下さい!

menu

永福町駅エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾の英才個別学院永福校

小学校高学年の英語教育は個別がオススメ

永福町の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 永福校】年間35時間の授業で何ができるか?

 
皆さんこんにちは、英才個別学院 永福校 室長の藤田です。

 

 

最近のお問い合わせで多いのが小学校高学年の英語に対する疑問。

 

 

「英会話には通わせているけれど、このままでいいのかしら?」

「中学準備を考えたいけど何をしたらいいの?」

「学校で英語をやっているはずなのになかなか身に付かなくて・・・」

 

 

 

abc

 

 

 

平成23年より小学校高学年の英語教育が導入されたのは記憶に新しいところです。

外国語活動の目的は以下に挙げられています。

 

 

「①外国語を通じて、言語や文化について体験的に理解を深める。

②外国語を通じて、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成を図る。

③外国語を通じて、外国語の音声や基本的な表現に慣れ親しませる。

以上の三つの柱を踏まえた活動を統合的に体験することで、中・高等学校等における外国語科の学習につながるコミュニケーションの素地を作ろうとするもの」

(出典:小学校学習指導要領解説 外国語活動編 平成20年8月版)

 

 

このように導入された外国語活動で、

 

「我が子もこれでコクサイジ~ン」

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・というわけにはいかないのが現状です。

 

 

まず、学校で英語に触れる時間は小学校5、6年生で年間35単位(時間)

なにかお稽古事をされている方はお分かりになると思いますが、

1週間に1回あるかないかの頻度で、未知のスキルが身につく可能性は皆無です。

 

 

学校の授業以外にも自分からしゃべったり、聞いたり、書いたりする時間を取らないと、ほとんど身に付くことはありません。

 

 

そこで、昨今ではお子様を英会話スクールや英語の専門塾に通わせるご家庭が増えています。

そのかいあってか、ほとんどのお子様が中学に上がる頃になるとアルファベットはマスターしている状態で初回のテストではいい点数を取る傾向にあります。

 

 

いきなりアルファベットの練習から入っても退屈してしまうので、初めはコミュニケーションからのスタートになると思います。

小学校中学年までは、集団でコミュニケーションのトレーニングをするのがいいでしょう。

 

 

小学校高学年になり、中学準備を考え始めたら、ぜひ個別指導の利点を考えてみてください。

 

 

①たくさん英語に触れることができるのはどちらでしょう?

→ グループ授業でも、最初の挨拶やフリートーク、質問への受け答えは個別に行われます。

その間待っていることを考えると、時間の使い方が有効なのはどちらでしょうか。

周りの生徒の受け答えを聞かずとも分かるという、ある程度理解が進んでいる生徒さんは特に、待ち時間が無駄になるのではないでしょうか。

 

 

②スペルのチェックが細かくできるのはどちらでしょう?

→ 個別では対話に加え、ワークブックを解く時間も多くなります。

スペルミスに対する指摘も速やかに行え、正確な書く力を身に付けることができます。

 

 

③文法を詳しく教えてくれるのはどちらでしょう?

→ 中学校では文法の授業がメインになります。

この煩わしさで挫折してしまう生徒が毎年多数出てしまうわけですが、早いうちから中学校までの文法を準備しておくことで、

スムーズなスタートを切ることができます。

 

 

コミュニケーションに加え中学準備をお考えでしたら、一度当学院にお問い合わせください。

 

 

*****************英才個別学院 永福校 概要*************************

【授業時間】 ①17時00分~18時25分②18時30分~19時55分③20時00分~21時25分(平日)

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒生

【教室へのお問合せは】
①当教室ホームページよりお問い合わせください。http://eisai-eifuku.com/
②当教室までお電話ください。03-5355-3993 (14:00~21:00 日・祝休み)

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら
英才個別学院 永福校 フェイスブック
英才個別学院 永福校 ツイッター
英才個別学院 永福校 YouTube チャンネル
英才個別学院 永福校 Google+