永福町駅エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 永福校】へお任せ下さい!

menu

永福町駅エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾の英才個別学院永福校

【大学の意味?】何を掴むかは個人の力量

皆さんこんにちは、英才個別学院 永福校 室長の藤田です。
当学院のブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。

 

 

気になる記事から。

日本の文系大学は、「知の最先端」から脱落している[橘玲の日々刻々]

 

作家の橘玲さんの記事です。

日本の大学では社会人として必要な専門知識が身につかないという批判を受けて、氏は次のように述べています。

 

「日本の(文系)大学はこの嵐から隔離され、ヘーゲルの哲学、フロイトの心理学、マルクスの経済学、あるいは文学という“趣味”など、賞味期限の切れた知識を「学問」と強弁して高い学費を取ってきました。これでは「簿記を教えた方がマシ」といわれるのも当然です。」

 

なかなか痛烈な意見であり、説得力もあります。

欧米で60年代くらいから起こった「自然科学による人文社会科学への侵食」、「分子遺伝学や脳科学、ゲーム理論などの新しい“知”を従えて、人間の本性や社会の仕組みを進化の産物として読み解こうと」することは大切な視点であり、日本にも取り入れる余地が有るなら取り入れてほしいと思います。

 

私は歴史が好きなのですが、どう考えても一人の人物、出来事、人類の歴史を伝えるだけでは足りないと思うからです。

人間とは何か? 我々はどのように生きていくのか?

その問いと真剣に向き合い、その思考の補助線として「歴史」があるのであれば、私は子供たちに「宇宙の歴史」から教えるべきだと思っています。

137億年の宇宙の営みから地球の誕生、生命の進化、精神を持った人類の誕生、そして文明の歴史を伝え、まさに奇跡の一瞬を過ごしている我々について学びたいと、本気で考えている一人です。

そこには当然文系理系の区別はありません。

まさに「複雑系」の世界です。

 

 

ただし、学んだ「教養」から何を得るかはそれぞれ個人の力量だと思っています。

 

例えばヘーゲルを例にとってみても、弁証法的視点で経営やマーケティングに取り組んでいる方はいらっしゃいます。

 

現在の学びから何を得るかという「感得力」、これが鋭い方はどんな小さなことからも学ぶことができます。

 

何を学ぶかよりも、どのように学ぶのかという姿勢を、私は常に問いたいと考えています。

 

 

 

room_3

 

*****************英才個別学院 永福校 概要*************************

【授業時間】 ①17時00分~18時25分②18時30分~19時55分③20時00分~21時25分(平日)

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒生

【教室へのお問合せは】
①当教室ホームページよりお問い合わせください。http://eisai-eifuku.com/
②当教室までお電話ください。03-5355-3993 (14:00~21:00 日・祝休み)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら
英才個別学院 永福校 フェイスブック
英才個別学院 永福校 ツイッター
英才個別学院 永福校 YouTube チャンネル
英才個別学院 永福校 Google+